2017年4月25日

祖父の家系調査に協力してくれた同族の多分遠い親戚に会いに行った!

実は、と言う程のことでもないんですが、公文書センターに行ったのは午前の話で、午後にも訪ねて行った場所があります。

上越市の北にある柏崎市です。

外部リンク

公文書センターに保管されていた高祖母の宗門人別改帳が閲覧できた!

訪ねてみようと思ってて地元のお菓子など手土産は用意したものの、知っているのは住所と名前(Mさん)だけで、アポなしの突撃訪問でした。

公文書センターから上越市市街に行き、北陸自動車道で一路柏崎市を目指します。ストリートビューでシミュレーションしていたので、少し迷う程度で到着できました。

インターホンのチャイムを鳴らして待っていると初老の男性が「は~い」と。「この人がMさんか?」と思いつつも、「○○県から来ました、T(祖父の名前)の孫のOと申します。」と言った瞬間に事情が分かったようで、とても驚いた表情でした。

「あんたTさんの孫かい?!遠いところ、よく来たな~」と、この男性がMさんでした。家に入れてもらって事情を話すと、当時のことを色々教えてくれました。

Mさんは高校生まで川谷の集落に住んでいたようで、5代前の祖父の名前やその屋敷跡やそれらしき墓地があることを教えてくれました。いまでも山菜採りなどでよく行くらしく、「次に行ったときに確認してきてやる」と言ってくれました。

1時間くらいでお暇しようと思っていましたが、ずいぶん歓迎されて3時間以上おじゃましてしまいました。

祖父も家系調査では地元の親戚や親族の協力を得ていたようで、協力して頂ける地元の人と知り合えて、非常に成果のある遠征となりました。

0 コメント:

コメントを投稿