2015年12月9日

なんとなるもんだ、廃番で特注の作業着をついにゲット!作業着探訪記

昨日の昼に、Aさんから品物が届いたとの連絡がありました。仕事が終わって速攻で行こうかなとも思いましたが、今日が遅番だったので、朝イチで行くことにしました。

関連記事

廃番になった作業着がほしいけど、どうすれば手に入る?作業着探訪記

ネットで型番を検索してもヒットしないのは廃番だからか?作業着探訪記

店構えは小さいけれど、頼りになりそうな作業着専門店!作業着探訪記

問い合わせの結果、残念な情報と有力な情報が得られた!作業着探訪記

役所の内情と同僚を頼って当時の販売店に目星を付ける?作業着探訪記

同僚の記憶力に感謝。当時の販売店が労せず見つかった!作業着探訪記

廃番だが少し在庫が残ってる、当時の販売店からの連絡!作業着探訪記

カーゴパンツも在庫がある、作業着と一緒に即座に注文!作業着探訪記

10時前くらいにK社に寄って、Aさんはいませんでしたが、事務の女性らしき方が丁寧に袋に詰めてくれて、代金を支払って待ちに待った作業着をゲットしました。

ちなみに、こんな作業着です。

探し求めていた作業着

職場に着くやいなや「買っちゃった~♪」と思わず周囲に見せびらかしてしまいました。経緯を話すと「作業着にそこまでするか?」とか「そこまでして欲しかったのかよ…」と呆れられましたが、「超欲しかったんです!」と言い切りました。

支給される作業着がモデルチェンジしてしまったとはいえ、まだまだ多数派。そこらで買った作業着とは違い「お揃い」なわけでして、知らない人でも「どこかの部署で支給されたんだ~」と違和感なく、自然に着ていられるのがいい!

支給品との唯一の違いは、胸に「○○市」と刺繍がないこと。まぁ、気づかないし、職場の人たちも「刺繍があると価値が下がるよね」と言うくらいなので、むしろない方が素敵です。私物の証拠にもなりますしね。

梅雨の間くらいまでは作業着ライフを満喫します!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿