2015年12月6日

カーポートにセンサー付きの照明を付ける!ついでに物置にも(中編)

続きです。

関連記事

カーポートにセンサー付きの照明を付ける!ついでに物置にも(前編)

照明を付けるとなると配線が問題になります。
柱にモールなどを張り付けるのでは見栄えが悪いので、できるだけ柱や梁の中に電線を通すことにしました。

まず地中からの取り出しの部分にボックスを設置しました。

ボックス設置

電線を通すために柱に開けた穴を隠しつつ、センサ用、カーポート照明用、物置照明用に配線を分配しています。

このボックスを取り付けた柱の上を見ると…。

ボックス設置

2本出ている電線のうち、奥に向かっているのセンサ用、手前に向かっているのが物置照明用です。

カーポート照明用は、柱と梁の接合面に穴をあけて、柱の中から梁の中に通しています。完全に隠蔽できました。

続いて物置用を取り付けます。ここから施工中の写真ありです。

物置の内側から電線を通せるような穴や隙間がないか覗き込んで確認してみると、屋根と鴨居の間に隙間がありました。
ここから電線を内部に通すことにしました。

屋根と鴨居の間に見つけた隙間

そのためには「鼻隠し」に穴を開けなければなりません。壁に穴を開けるよりはましなので、雨や風の影響がなさそうな下部に開けることにしました。

穴を開けています

穴のサイズは直径3cmくらいです。

鼻隠しに開けた穴

続きます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿