2015年10月3日

青々としたキレイな芝を維持したい!芝生の肥料などもどんどん増える

青々としたキレイな芝生の維持は、水をまいて刈るだけでは実現できず、定期的な肥料を与えなくてはならないようです。

発根や葉の生長を促進したり、サッチの分解を促したり、病原菌を善玉化したりして病害予防したり、耐寒性を向上させたりと、いろいろな肥料を与えて芝の状態をコントロールすることも大切みたいです。

そこで、わたしも少し肥料を買ってみました。

買った肥料

活根彩果(かっこんさいか)はアミノ酸を多量に含んでいるらしく、発根と根の生長促進の効果が期待できるとのこと。芝刈りだけでは埋められない穴があるので、促進してほしいので買いました。

20mlを500倍に希釈

希釈は500~1000倍。20mlを500倍に希釈すると10Lになります。

ジョーロはこのAstage製マリージョーロ。10リットルの製品です。満水にすると「重い」というレビューもありましたが、芝ベテランさんのブログを見るとどれも「希釈計算が簡単だから10リットルがベスト」と書かれています。確かに重いですが、希釈の計算は楽ですし、往復の回数も減るので選んでよかったと思っています。

こういった肥料を毎週まければいいんですが、先立つものがないので施肥は不定期ぎみです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿