2015年6月10日

銀行、税務署、登記所、県税事務所!手続に大忙しだった一日(その2)

そして法務局の登記所です。

法務局が入っている現合同庁舎

新居の登記の全部事項証明書を請求しました。このあとに行く県税事務所で不動産取得税の軽減の手続に必要です。証明の請求だけなのであっさり終えます。

この現在の合同庁舎は、もうすぐ新しい合同庁舎に移転します。

新しい合同庁舎

ちなみに、現合同庁舎の所有者は国、新合同庁舎の所有者は市だったんですが、等価交換をしました。

等価交換と言えば聞こえはいいですが、黒船来航の時の不平等条約と同じです。道を挟んで向かいの土地同士だったので路線価はあまり差がありませんが、面積が2倍くらい違います。

それを国が「お金が発生すると面倒だから等価交換にしませんか?」と持ちかけてきました。市の上層部からも「わかるよな?」的な圧力がかかり、当時わたしがいた資産税課でお互いの土地が等価になるよう、評価額を恣意的に操作して価格通知書を作成しました。市の方は億くらい損してたのかもしれません。補助金とか交付税を「減らすぞ!」とちらつかせて強行する、これが国や県のやり方です。

まぁ、裏事情はいいとして、その後、職場の近くに借りている駐車場の契約の住所を変更するため不動産屋に行ってきました。報告だけなので、こちらもあっさり終えます。

そして県税事務所。

県の合同庁舎

先ほど請求した全部事項証明と印鑑と取得税の納付書を持っていきます。嫁との共有物件なので印鑑は二人分必要でした。

高いだろ!

それにしても信じられない額の税額です。払う気の失せる額です。軽減の手続をしてきました。

3分の1くらい減った

その結果、196,200円が117,200円まで減りました。あとは建物の方の取得税が心配です。1,200万円控除があるので、課税されたとしても土地ほど高くならないとは思いますが、心配なので資産税課に行って評価額を聞いてこようと思います。

最後にゆうちょ銀行です。

M3を買って、応募したキャッシュバックの振替払出証書が届いてはいたんですが、平日に休めなくて今頃になってしまいました。わずかですが家計の足しになってくれそうです。

関連記事

発売日当日に購入できた三代目!現場の写真撮影に活躍してもらいます

それと、わたしと娘の口座の住所変更です。他の金融機関はネットで変更できますが、ゆうちょ銀行は窓口に行かないと変更できませんでした。

住所が変わると住所変更が面倒くさいですね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿