2015年4月25日

パティオを作ると開口が増えるてカーテン代がかさむ!減額調整を断念

打ち合わせをしたカーテンですが、思いのほか高い見積もりが出てきました。

関連記事

配色のセンスがないと何が何だか分からない!カーテンの打ち合わせ

わが家は照明とカーテンで65万円の予算取りをしていました。照明については父の会社(電気工事業)に発注してかなり圧縮したので、カーテンが少し高くてもこの枠の中に入って入ってはいます。予算内といえば予算内なんですが、できるだけ安くすませたいという気持ちが働きました。

あれこれ考えてグレードを下げたりしましたが、1箇所あたり数千円程度しか下げられません。窓の数が多いことが原因で、カーテンを無くすわけにもいかず焼け石に水状態だったため、最終的に諦めました。

時間をかけて考えて、あれこれ悩んでいるのに結果が伴いません。しかも、グレードを下げることで質も下がり、許容できる水準を下回ってしまっていました。多分、住んでから後悔するなと思ったのでグレードの変更などはしないことにしました。

その後に出てきた正式な見積もりの額が、5万円くらい下がっていました。インテリアコーディネータさんとすみふのWさんが、夫婦で苦悩している様子を見かねたんでしょうね。

パティオがあるとサッシや窓が増えて、しかもそれらは大きいのでカーテン代がかさむことが分かりました。仕方ない…。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿