2015年3月3日

屋内の撮影は標準レンズでは画角が足らない!限界を感じアレを予約した

建て方が終わって屋内の写真を撮りましたが、いま使っているEF24-105mm F4L IS USMでは画角が足らずに収めたいものも収められませんでした。

関連記事

建て方が終わった建物に初めて潜入!着工55日目の様子(一階編)

建て方が終わった建物に初めて潜入!着工55日目の様子(二階編)

今回は幸いにも、まだ壁が施工されていなかったので、柱の裏に回ってとか、柱と柱の間からとか頑張って撮りましたが、もっと広角で撮れたらいいなと思う場面ばかりでした。

というわけで、3月末に発売されるというキャノンの新型ミラーレス一眼のEOS M3を予約してきました。

関連記事

初代も二代目も買わずに我慢!待ちに待った三代目の発表

この手の商品って初期不良や不具合があるので初期ロットを買うのには抵抗があり、当初は発売後の評判を見てから買おうと思っていました。ただ、それだとせっかくの建築中のわが家のいい写真が残せなくなってしまうので、不具合覚悟で買うことを決めました。

いまだとネットでも実店舗でも価格にほとんど差がないので、カメラのキタムラに行って予約をしてきました。

予約の引換書

買ったのはホワイトのEVFキットです。33,000円のEVFが3,000円ほどで買えることになります。

それと肝心の広角レンズです。非常に評判が良くて、ミラーレス買ったらほしいと思っていた超広角ズームレンズのEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMが、M3のデビュー・キャンペーンの対象になっていて、キャッシュバックがあったので合わせて買いました。

M3デビュー・キャンペーン

あとマウントアダプターです。手持ちのLレンズを装着するために必要なんですが、これもキャンペーン対象でキャッシュバックがあり、ほぼタダで買えてしまいます。

レンズはこのキャンペーンで品薄のようで入荷に1ヶ月くらいかかるそうです。1ヶ月後が楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿